読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャベツの雑記

真面目な記事からしょうもないものまで

人形考察-Sひじり-

ご無沙汰しています

今回は偶々suwakoの使用率を眺めていたらある事実に驚愕し少々お怒り状態なのでそれについて書いていきます。

※辛辣な言葉及び煽り成分を含んでいるので苦手な方は今すぐ閲覧するのをやめましょう

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ではまずSひじりの使用率データを見てみましょう

f:id:cabbagefield198:20150721111545j:plain

全体での使用率やPP分布等は個人それぞれの考え方がありますからそこは突っ込めませんが、問題はここです

f:id:cabbagefield198:20150721111750j:plain

Sひじりの採用技ランキングの3位にシューティングプレスが入っており採用率が約60%もある点です。確かにシューティングプレスは威力100の命中100と安定した攻撃技ですが、果たしてSひじりを使うに当たって約6割もの人が採用するほど必要な技なのでしょうか?考察していきましょう

 

まずSひじりの特徴と言えばアビリティの不惜身命です。これは反動技の威力が1.2倍になり、ひじりが習得する技だと捨命の型とルミナスフラックスがこれに相当します。ここで重要なのはどちらも一致技である点です。つまり、闘が等倍の相手に捨命の型を撃った場合130x1.5x1.2=234,光が等倍の相手にルミナスフラックスを撃った場合は120x1.5x1.2=216 と高威力を叩き出せます

…勘の良い人であるならもうお気づきでしょうが、不一致で威力100のシューティングプレスが貫通しても威力は200に対し等倍で不惜身命の捨命やルミナスを撃った時の方が威力は高いことがお分かりいただけると思います

 

それでもなぜこんなにもシューティングプレスを採用する人が多いのか、恐らく捨命の型を外したりルミナスの反動でHPが削れたりするのが嫌で安定択のつもりで採用しているのでしょうが

命中不安技を信用できずリスクを負う事を嫌うのなら初めから捨命やルミナスを採用するなってお話です。大人しく奮闘之構を積んでダンシングソードや破邪の弓撃でも撃ってどうぞ^^

 

採用する理由は他にもアビリティを縦横無尽にすればエアクッションにも大地技が貫通できるんだ(*^◯^*)

とかありますがそれも先の不惜身命の方が威力が高いという点で一蹴されますし大地4倍相手に撃てるという意見はりかに対しては捨命が貫通しますし、Sゆめみに至ってはS種族値はSひじりと同速で50%の賭けをしなければならなくまた浮遊石を持っていたり、そもそもゆめみ側がHBが無振りならルミナス一発で倒せるのでこれも採用する理由とは成りえません。

 

Q.ではSひじりのシューティングプレスは一体誰に撃つのか?

A.特筆して撃つ相手はいません、大事な技枠を奪ってまで採用するのは非推奨

これに尽きます。Sひじりでシューティングプレスを使っているのを見かけたらこの人のひじりは技3つ以下で戦っているんだすごいな~~~~~~と思いましょう

 

では元々入れていたシューティングプレスの技枠に別の技を入れるとしたら何が良いのかについて考えていきましょう

人によって考え方はまちまちなのでこれが正しいというわけではありませんが、サブ技というのは一致技で押し切れない相手にも有効打を持たせて完全な機能、役割の停止を防ぐ為に入れるものだと私は考えています。

したがってこの場合ではSひじりにとって辛い相手を考えてみましょう

一致技の闘と光が両方とも半減以下になるのは幻,幻光,幻自然,幻炎,幻風,自然風,水風,光風 がいます。

その中で多くは幻が刺さりますが残念ながらSひじりは数符以外の幻技を習得しないので幻を相手にするのは諦めましょう

しかしこの中の苦手な属性の多くに対して1つだけある属性がある属性に打ち勝てます。

それはです

水風は雷が4倍弱点なので後出しや対面しても雷技を使用することで突破が可能となります。しかも水風は相性補完やその人形自体の性能が高いので個人的な体感では3人に1人はPTに組み込まれているので腐らないと思います。

Sひじりが習得する雷技はスパークジャベリン疾風迅雷がありますが、どちらを採用しても問題ないと思います。

スパークジャベリンはSひじりが集弾なのでマッチしていますし、疾風迅雷は散弾技で相手に大打撃とはいえませんが有利対面を作って体勢を整えるのに非常に便利な技です。むしろ道具の採用ランキングの1位がこだわりベルトで20%を占めているのに採用技の方で疾風迅雷を採用している人は18%未満であるのは大変驚くべきことで考えを改めるべきことだと思います。

 

集弾アタッカーだから散弾技は採用しない、その逆もまた然りですがそういう固定概念や目の前の数字に囚われているのは、あなたが上のステージに到達できない原因だと思います。

自分はエンジョイ勢だから好き勝手やりたいようにやる、ガチ勢こわいな…近寄らないとこと思っているそこの貴方、楽しみたいからやるのは結構ですが

 

負けて楽しいですか?

よく考えずに技や道具を採用したばかりに勝てたかもしれない試合に負けるのはどういう気分ですか?

 

それは今回考察したSひじりに限らず全ての人形にも言えることです

私は不一致のシューティングプレスが弱いと言っているわけではありません。実際Dれいむのシューティングプレスは幻やミアズマが通らない鋼鉄属性に対して有効ですからね

では今回の記事は次の言葉にて締めくくらせていただきます

 

よーく考えよう 技枠大事だよ~

うーう うーう うううー