読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャベツの雑記

真面目な記事からしょうもないものまで

虚像とドッペルゲンガー-ドッペルゲンガー編-

幻想人形演舞

前回の続きの記事となります、今回はドッペルゲンガー編です。

ドッペルゲンガー(以後DG)って何だよって思う人の為に説明しておきます

f:id:cabbagefield198:20150626205232j:plain

またまた公式データより引用させていただきました。

自分の属性を相手と同じするという内容ですが、例えば相手が炎属性であった時にDGを使用した場合自分の人形が炎属性になります。

 虚像を同じく優先度が0ではなく1であることは重要なので使うあなたも使わないあなたも是非この機会に覚えておきましょう

次にこの技を習得する人形についてですが

f:id:cabbagefield198:20150707114003j:plain

この3体(5種類)となっております

しかし、私がこの技を考察している中で演舞においてこの技をより効率良く使える人形はAウドンゲしかいないと結論付けたのでAウドンゲでDGを使用する場合について述べていきます。

まず、DGを採用するにあたってAウドンゲ以外を除外した理由ですが前回の冒頭にもあった通り守りに特化した戦術なので必然的に回復ソースが必要となります。この五種類の人形で安定した回復ソースを持っているのはアビリティが変毒為薬のあるAウドンゲが筆頭となります。他の人形はコンティニューしか回復ソースがないので安定しているとは言い切れません。

さらにPウドンゲは黒いチョーカーやこだわりベルトを持たせて殴ったり、Dさとりは呪詛返しを利用して壁展開やデクレッシェンド、Aこいしは元の属性が優秀に加えて別の役割を持たせたりした方が強いという点において優先的にDGを使用する理由がないので、DGを採用するなら変毒為薬のAウドンゲ一択と結論付けています。

 

私はランダム対戦ツールのSUWAKOのレート3期で変毒DG採用型のAウドンゲを採用し50戦をやり通したので、これから記述しているのは前回の虚像のような机上論ではなく実績を経て出した結果である事を理解してもらえると冥利に尽きます。

まずは使った型の紹介から

Aウドンゲ 変毒為薬@鳥兜の根 白の印 H64/B52/D14

DG/森羅結界/セントエルモの火(以後エルモ)/ミアズマ

変毒による回復量は8n+1であるのとAウドンゲはH種族値が低いのでHに64割いています。BとDの振り方についてですが後々説明します

運用方法についてですが、対面であれば森羅結界で確実に鳥兜を発動させて猛毒状態になりましょう。下手にミアズマやエルモを撃ったがために相手にパニックコールやエルモ、他の状態異常をばら撒かれたらそれだけでほぼ機能停止してしまいますので注意しましょう。ただし、森羅結界読みで相手が引くとわかるのであれば交代読みとしてエルモやミアズマでも問題ないと思います。

次にDGの役割対象にはDGをしましょう、DGしても意味の無い相手であればエルモorミアズマを撃ちます。ただし相手の積み起点にされるのであれば引いて後ろの面子で対応しましょう。

ポケモンでもミラータイプという技があり相手の一致技を半減にするために使用するとありますが演舞でも同じで、相手の一致技を半減以下にするために使用します。

ではDGの役割対象及び対象外の人形についてご紹介します

 

・Dパチュリー

この人形の属性である自然雷をコピーした場合、自然は半減に雷は1/4に加えAウドンゲは比較的散防が高いので最もドッペルゲンガーを遂行しやすい人形ともいえる

ちなみに先のウドンゲの振り方だと、DGしていない状態で黒印散弾特化Dパチュリーの雷帝が乱数二発(中乱数)なので例えDパチュリーが自然に貫通するフレアを搭載していたとしてもフレアの威力は70x2=140に対して一致等倍の雷帝の威力は120x1.5=180

と貫通攻撃を受けても威力の差があり回復するための森羅結界を挟みながらエルモとミアズマでDパチュリーを追い詰めることが可能となります。雷技による麻痺を考慮しなければ後出しでも勝てます

仮に、Dパチュリーがかんざし等ではなく月加護コンテ型だとしても持ち物である覚醒符はエルモで落とせば良いし攻撃技は一致技の自然と雷で間違いないのでPP切れを狙うか素眠りするタイミングでこちらも有効打がある人形に交代すれば十分役割を果たしてくれると言えるでしょう。

 

・Sみこ

本来のAウドンゲであれば絶対に勝てない人形ですがSみこの属性の光音をコピーした場合音が1/4に、同じく一致技の光は半減になります。Sみこが入れているサブ技は一閃かスパークジャベリンかロストクライシスで、一閃であれば不一致に加え相手は反動を受けるのでこちら側が俄然有利になりますし、貫通するロストクライシスであっても威力は一閃を変わらないので回復しつつエルモで殴っていきましょう。Sみこをより確実に役割対象をしたかったので先の振り方では多めにBに割きました。(細かい計算はしていない)

 

・Dべんべん Dやつはし

上の人形に比べて見かける人形ではありませんがこの2体も役割対象の例なので上げておきます。音自然をコピーした場合どちらも半減になります、そしてこの2体の若干厄介なところは毎ターンこちらのHPを吸収してくるドレインシードをしてくることと火傷暗闇状態にする狐火をしてくることです。しかし、自然をコピーしているためドレインシードは無効になりAウドンゲは猛毒状態になっているので狐火も入りません。後はいつも通りの処理を施すだけで問題はありません。

 

・Sルナ

Sみこと同様音が1/4になるのでフェアリーダンス鼓舞無限音階マナの恵み@龍神の御守という型なら余裕で倒せます、アウンノンフレアを搭載した型だと厳しいかもしれませんがそこはAウドンゲを信じましょう

 

・Aこいし

無幻をコピーできるのでカタストロフィが無効になります、Aこいしの散弾は大して高くはないので雷帝やインフェルノ等のサブ技を受けても問題ありません。不意に飛んでくるこだわりシャークトレード(以後鮫トレ)には注意したい、そこは森羅結界でどういう型なのかを見極めよう

 

A(P)らいこ
音雷をコピーした場合、音も雷も半減なので遂行可能となる。現状存在するAらいこはベルトか蛍石を持たせており、Pらいこのほとんどはかんざしを持っているため、ブレイブソングで積んでくるということはないと思われるので、回復しつつミアズマとエルモで倒すことができるだろう。Aらいこに関しては交代してから鮫トレをしてくることがあるが前述の通り結界して見極めよう

 

役割対象外とか厳しい人形

 

・鋼鉄の人形全般
まず、このAウドンゲで一番の打点であるミアズマが入らないに加え、鋼鉄人形のほとんどは鋼鉄に対する有効打を持っている人形が大半なのでDGでコピーしても旨味はない。エルモで持ち物チェックをしてから素直に引くか、後ろが受けられない場合は可哀想ではあるが見殺しにするしかなさそうですね
鋼鉄に鋼鉄は半減だからって猛毒状態になる前に鋼鉄相手にDGは絶対しちゃだめだぞ!!!!お兄さんとの約束だぞ!!!!

 

・Dれいむ
Aこいしと同じ無幻属性だから良いのではないかと思いがちだが、D霊夢は倹約家で治癒符を回収しつつコンティニューをしてくるのが大半なので対面してDGをしても問題ないが、相手も無幻なのでミアズマしか打点が無い上に治癒符を回収されたらジリ貧になる。それに加え相手が神降ろし型だった場合もきつく対面してしまったらシューティングプレスが無いことを祈ろう。うまくいけばSP切れにさせることが可能かもしれないがAこいしの様に完全に役割を持てているとは言い切れないためこちらの部類に入れた。(レート1期の頃、盗難の風を採用して治癒符コンテD霊夢を封じたがその時は理不尽負の嘲笑Dみまと組ませてやっとだったので微妙だと思われる)

 

・Aウドンゲに対して積み起点にしてきそうな人形
例を挙げるのであれば奮闘を積んで尚且つ光と闇以外には一致等倍帰燕を仕掛けてくるPぎょくとや同じく奮闘を積んでこちらからは有効打のないSよりひめなど後出ししてきたらこちらも大人しく下がりましょう

 

・無幻以外の幻属性人形

そもそもDGする意味が無いし勝てません。例えば相手がPリリカで音幻は音が等倍になるからDGを使っても幻は貫通したままです。これはDGを使う上で勘違いしやすいことですが相手の属性の片側が半減になってももう一つの属性が貫通してしまうのは、DGをしてもそのターンDGを使用したことによるリスクに対してリターンが少なすぎるため控えましょう

 

ここまで様々な例を挙げてドッペルゲンガーという技について紹介してきましたが、まだまだ考察不足なので他にも明確な役割対象のある人形が存在するかもしれません。私がこの記事で書いたものよりも優れた型を思いついたのであればここのコメントに残してくださると有り難いです。

最後になりますが、これは相手に勝つためのガチガチな戦術ではなく一風変わった戦術であるということ、またこの戦術は相手に依存するため人形について普通の対戦よりももっと知るきっかけになること、そしてどのような戦術にも共通していますが相手に不意を突いてもただ突いただけでは勝てないことは決して忘れないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:cabbagefield198:20150710003805p:plain

…あれ?